ブログ

当院の治療時間

はっきり言いまして短いです。

最近、さらに短くなってきました。

 

一般的な鍼灸院の治療時間はどれくらいの長さかご存知でしょうか。

・・・と、聞いておきながら何ですが、はっきり言いまして様々です。

患者さんの状態にもよるでしょうが、

基本的に気持ち良くするための慰安ではなくて治療ですから時間で区切れないのです。

 

逆にメニュー表に、

30分3000円、60分5000円などと明確に書かれているところは

「これって本当に治療目的なの?」と思ってしまいます(私は)。

※「治療目的」と言いながら中身は慰安の場合。慰安を否定していません。

 

t02200273_0223027712399302580
(ネットより拝借↑)

 

しかし目安としてでしょうが「大体30分です」「約1時間です」と説明されると思います。

鍼を刺す時間、鍼に通電する時間、お灸の時間と必ず必要な時間というものがあります。

マッサージをされる先生はさらに時間がかかってきます。

 

当院は鍼に電気を流したり、マッサージは行いませんが、

約1年前までは問診や鍼、

お灸の時間を含めて「問診を入れて1回30分です」と説明していました。

それが最近、約15分・・・・・短い方では5分(お灸なし)くらいで終わってしまいます。

このあたり、少し解説をしていきます。

 

私は「必要な治療は必要!」と思っています。

裏を返せば「不必要な治療は不必要!」と思っているのです。

ですから大阪の勉強会に毎月参加し「本当に必要な治療は何なのか」を考え、

治療の無駄をそぎ落としています。

そうすることにより、患者さんの身体への負担は軽くなります。

 

医師に「本当は必要ないけど、薬を多めに出しておいたから」って言われても、

あまり嬉しくないですよね。

 

実際の治療ですが、肌艶を拝見し、脈を拝見し、1~2つのツボに鍼をし、

脈や肌艶が良くなればそれ以上はしません。

例えば腰痛があるからと言って必要以上に腰に鍼をすると折角整った脈や肌が悪くなり、

その時楽になっても帰宅後や後日、同じように腰痛が出現することも多くあります。

 

やり過ぎて体が重だるくなることもあります。

「あの鍼は効いた~」と言われる患者さん、それを言われて喜ぶ鍼灸師。

「それは治療として失敗だ」と私は思っています。

 

この先も良い治療を心がけていきます!!

 

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

ぎっくり腰などの急性疾患

2月4日に立春を迎え、暦の上では春になりました。

 

と、言っても、まだまだ寒くなるのでしょうが、

とにかく日照時間などからすると春になりました。

 

そして春には春になりやすい症状と言うものがあります。

判り易く言うと筋肉の急性疾患と精神的な症状です。

筋肉の急性疾患とはぎっくり腰や寝違え(寝違い)、四十肩、五十肩などです。

 

↓壁ドンじゃないですよw

pow
(ネットより拝借↑)

私もぎっくりや寝違え経験者ですが、まあ、とにかく痛いモノです。

同じ腰痛でも、慢性の腰痛とは別物ですね。

欧米では何と「魔女の一撃」と呼ばれているとか。

恐ろしさを覚えると同時に、ぎっくり腰が何とも可愛い名称に思えてきます。

 

魔女の一撃
(ネットより拝借↑)

現代医学的には急性腰痛症と呼ばれる筋肉や筋膜の炎症です。

慢性的な筋肉疲労などが原因になり易く、

炎症を抑えるような薬や湿布を処方される事が多いようです。

勿論、深刻な疾患もありますので医師の診断を仰ぐのも重要です。

 

では東洋医学ではどう考えるのか?

 

ここ最近、風がきついと思われませんでしょうか?

はい、春は風が強く吹く事が多く、

東洋医学的にはこの「風」が筋肉を痛める原因と考えています。

勿論、科学的なモノではなく、中国の長い歴史をかけて培ってきた経験則からです。

 

風が人体に影響して気の流れが悪くなり、筋肉が疲れやすく硬くなります。

当然、動きが悪くなり、無意識のうちに無理な動きをするようになります。

その疲労がたまりにたまって、ある日突然、強烈な痛み「ぎっくり腰」を起こします。

 

東洋医学的な治療ですが、

風が人体に入って悪さをしたのですからその風(邪)を鍼で追い出します。

風が出ていくと脉や肌が変わるので、出て行った事が確認できます。

顔色が変化する事も多いですよ。

面白いでしょ?

 

その他、春の症状と言えば花粉症なども出始めます。

体調を整え、なりにくい身体にしていきましょう。

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

足の冷えにお灸を! ~三陰交~

本日はお灸の仕方についてです。

当院では、患者さんによってご家庭でのお灸をお勧めしております。

 

この時期、多くの女性はもちろんのこと、男性も冷え症で悩んでいる方が多く見受けられます。

そんな時、効果的な一つの方法としてお灸があります。

今回は冷え性にとても効果のある「三陰交」と言うツボの取り方、

お灸の仕方について説明します。

 

まず、内くるぶしを確認し、マジックで印を付けます。

003-1
 

その印にご自分の手の小指を置き、指4本分の場所に印を付けます。

004-1
 

足を真横から見ると、大体、すね側とふくらはぎ、つまり前後の中間点になります。

それが三陰交と言うツボです。

そこに市販の台座が付いた火傷しにくいお灸に火を点け、すえます。

肌に当たる部分がシールになっているので、落ちる危険は少ないですよ。

 

数は1~2個、朝晩のリラックスしている時に行ってください。

熱を感じなくても多くしないでください。

また、熱かったらすぐ取り除き、水を入れた容器に入れて火を消してください。

くれぐれも火事にはお気を付けください。

 

で、「これが三陰交です」と書きましたが、どうせするならもっと効果的にしましょう。

その周辺の皮膚を軽~~~~~~~~く撫でてみてください。

ほんの少しだけフニャッとしている場所があります。

それは鍼灸師業界では生きたツボと言われるものです。

そこにお灸をすると、さらに効果的です。

 

下の写真をご覧になると、上の印より少しずれているのが判ると思います。

ツボの場所は人によっても違いますし、

同じ人であっても毎日、その時によって場所が変化します。

 

006-1

練習すれば誰でも探せるようになりますよ。

 

せんねん灸のサイトではこの他にも色々なツボを紹介していますので参考にしてください。

判らない場合は説明しますので、お気軽にどうぞ。

 

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

第21回 漢方鍼医会夏期学術研修会 愛知大会

先日、8月28日・29日で私が所属している漢方鍼医会の研修会が愛知県でありました。

 

私は大阪に所属していますが、他にも東京、愛知、名古屋、滋賀、神戸、鹿児島の

7団体とそれをまとめる本部があります。

今回は愛知漢方鍼医会主催の夏期研でした。

 

CIMG0047
総勢130名の参加があり、とても賑やかな会になりました。

 

午前中は2つの講義があり、午後からは実技がありました。

実技は大阪以外の会員と一緒になり、熱い意見交換と実技のやり取りがありました。

と言いますのも、全ての地方団体はその団体独自のテーマを設けて学術を行っており、

全ての団体が少しずつ行っている内容が違うのです。

ですからこうやって一年に一回、集まって二日間の研修をするのです。

 

実技中の写真は撮れませんでしたが、

大阪で勉強したことを出すことができて私の中ではとても充実した時間となりました。

 

二日目はパネルディスカッションです。

テーマにそってパネラーが話し合い・・・・・

 

CIMG0050

CIMG0049
 

その内容を踏まえてグループディスカッションが行われました。

ここも他団体が混合の班を作っているので、

それぞれの団体の考え方を出して意見のすり合わせをしていきます。

 

私の意見が班員の参考になったり、また逆もあり、大変な作業ですがとても勉強になります。

ここで自分の意見を言っておかなければ、

もし間違えていた時に自分の実技もとこかでひずみが発生し、

それは患者さんに返ってきますので大変重要なことです。

 

また来年、同じ時期に夏期研がありますので、

それまでの一年間で実力アップして参加したいと思いました。

 

ただ、29日(月)お休みをいただきまして、大変ご迷惑をおかけしました。

その分は治療で返していこうと思います。

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

5月29日 前期学術講習会 (公社)山口県鍼灸師会

あと1週間です。

 

学生さんや一般鍼灸師を集めての講習会をシンフォニア岩国で行います。

 

午前は私が「難経の腹診」を実技を交えて行います。

こういった発表はいつまで経っても慣れず、本当に緊張しますね。

CIMG9671
※この写真は昨年8月23日の前期学術講習会のものです。

 

午後からは中医学でご高名な兵頭明先生がご講演されます。

内容は

「日本の超高齢化問題、認知症対策に対する鍼灸治療の実際と可能性」

です。

兵頭先生も実技をされるそうですので、とても楽しみです。

 

いや、それよりもまず自分の発表をきちんとしないと・・・・・。

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

鍼灸が敬遠される訳

皆様は何だと思われますか?

・チクチクと痛い(怖い)   ・お灸が熱い(煙がくさい)   ・非科学的

・お年寄りが多く古臭い    ・清潔感が無い

 

021101d(イラスト:すすむてつろう)

 

ま、大体これらが一般的な嫌われる理由です。

 

先日、当院に初めて来られた患者様を治療中の会話です。

 

患者様:「わしゃ、ハリは嫌いなんじゃ」

 

時々、このような事を言われる方がおられ、

多くの理由は上に挙げたものだったのでそのような予想はしていたのですが・・・

 

私:「えっ?でもここ、はりきゅう専門ですよ」

患:「ま、そりゃそうなんじゃが・・・今まで何か所もハリに行った」

私:「(じゃ、好きなんでしょ?)はぁ・・・どうだったんです?」

患:「どこでもそうじゃったが、腰が痛いっちゅうたら腰にハリ、肩が痛いっちゅうたら肩、

足っちゅうたら足にチョコチョコっとしかせん」

 

内心「もっとチョコチョコっとしかしない、

と言うよりもほとんどした感じを受けない当院の治療はどう思われる事やら」と苦笑いの私。

 

私:「一口に鍼灸と言っても、色々とやり方がありますからね。私と同じやり方は近くにないですよ。」

患:「どう違うんかね?」

私:「一般的には運動器疾患を主に扱います。筋肉や神経に鍼を刺して刺激を与え、緊張を緩めるのです。

当院はまず刺しません。また内臓の働きを整え、人間の本来持っている治癒力を引き出します。」

患:「はぁ・・・んで、ワシの腰はどうなっちょるんかね?」

私:「○○さんはこの寒い季節の影響が肝に影響して筋肉が硬くなってしまったのです。

その原因を取り除くのです。そうすると・・・ほら、筋肉が柔らかくなってきましたね。」

患:「はぁ・・・・・そういやそうかも。・・・何でそんなんが判るんかね?」

私:「脈やお腹の状態で判るのです。皮膚の色で判ることもありますよ。」

 

治療を開始して約15分後・・・・・

 

私:「では、今日はこれで良いですよ。」

患:「えっ?・・・・・んで、いつ鍼をするんかね? 埋め込んどるんかね?」

私:「もうしましたよ。身体には刺していませんよ。まだ痛みはあると思いますが、これで良いです。」

患:「はぁ・・・まぁ、少し楽だけど・・・。」

私:「帰宅後、楽になることもあります。今のお身体は良くなる方向に行っていますので大丈夫です。」

患:「はぁ・・・。」

 

そう言って半信半疑で帰られる患者様。

2~3日後に笑顔で来られ、かなり良くなった、と。

この心境の変化を見るのも、楽しみの一つになりつつあります。

 

敬遠される理由の払拭にはなっていないのかも知れませんが・・・・・。

大阪漢方鍼医会の勉強会

1月17日は大阪で鍼の勉強会がありました。

 

今回は久しぶりの発表が回ってきました。

内容は「四時(春夏秋冬)の脉」についてです。

このためにかなり前から準備してきたのですが・・・・・

CIMG9809

人前で話すというものは慣れないととても難しいものだと、いつも認識させられます。

しかも理解しやすい言葉、順序を求められますし、そうしたいと思っていますが、

これもそんなに簡単ではありません。

やはり場数を踏まないと、ですね。

 

午前中の講義が終われば、午後からは実技です。

お互いに患者になったり治療家になったりして技を磨きます。

CIMG9813
皆さん、とても真剣に取り組んでいます。

 

私と宇部市におられる藤田剛先生が同じ班、特別版で技を磨きます。

CIMG9815
今回もとても勉強になりました。

これからの臨床に生かしていくつもりです。

 

ランキング参加中です。(*^_^*)


にほんブログ村

H28.2.28 「県民公開講座」のお知らせ

皆様こんにちは。

功起治療院の中本です。

 

平成28年2月28日、シンフォニア岩国にて第6回県民公開講座が行われます。

 

長野県の医師:水嶋丈雄先生を講師に迎え

「健康寿命を延ばす知恵 鍼灸」を話していただきます。

 

水嶋先生は医師でありながら鍼灸にも精通し、

現代医学と東洋医学の上手な付き合い方など、一般の方に判り易く話をされる予定ですので、

ご興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

なお当日は鍼灸の無料体験コーナーがあります。

山口県鍼灸師会所属の鍼灸師がご希望される方に鍼灸治療をします。

12時半開場から13時20分くらいまで行います。

そして私も参加します。

 

「鍼に興味はあるけど中々きっかけがなくて・・・」というお知り合いがありましたら

お声をかけてご一緒に参加してみてください。

 

ご講演の後、15時40分より笑いヨガがあります。

お仕事や日常生活などでお疲れの心と身体をリフレッシュしてお帰りください。

 

16時に閉会です。

 

img005

img006
 

冷え&のぼせ、肩こり、頭痛など

実はこれら、お一人の身体にセットで発生しやすい症状です。

お心当たりの方も多いと思います。

 

「のぼせ」はホットフラッシュとも呼ばれ更年期の女性に多いとされていますが、

男性にも多く現れます。

 

117836
多くの方は、真冬の寒い時期でも汗をかきやすく、特に風呂上がりなどダラダラと汗が出る事が多いです。

そして多くの方はその症状を「代謝が良い」と勘違いをされています。

何事も、度が過ぎれば異常なのです。

 

冷えのぼせの原因は、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経の乱れが原因とされています。

治療では自律神経を安定させるお薬やホルモン療法、漢方薬などがあります。

またストレスを回避したり心理療法で対処する場合もあります。

 

では、鍼灸ではどう考えていくのでしょうか。

 

多くの冷え&のぼせは同じ原因で起こると考えます。

例えば

水の巡りが悪い → 足のむくみ → 足の冷え で、下半身が冷えてきます。

それを何とかしようと身体が反応し

心肺機能の興奮 → 上半身のほてり&のぼせ で、冬でも汗をかく事が多くなります。

汗が出る → 体温低下 → 血や水の巡りが悪い → 下半身の冷え

この悪循環です。

 

また、頭に熱が上れば頭痛やドライアイ、下半身が冷えるとひん尿や腰痛などが出現します。

 

鍼灸治療では、この上下のアンバランスを整えていきます。

つまり、頭の症状と下半身の症状が同時に改善していくことが多いです。

 

お悩みの方は是非、ご相談ください。

男性不妊 ~旦那様方へ~

最近、やっと男性の不妊症が認知され始めてきました。

 

今までは不妊症=女性といった認識の方が多くおられましたが、

少しづつですが男性にも原因があると言う事が当り前になりつつあります。

現在では不妊の原因の半分は男性にあると言われています。

 

当院には多くのお子様を望まれている女性が来院されますが、

その多くは夫婦で病院に行き「原因不明」と言われ、

奥様だけが来院されるという何ともへんてこな状態になっています。

 

そうです。 「夫婦ともに異常が無いと言われたのに「奥様だけが来院」されているのです。

ちょっと変ですよね。

しかし、ほとんどのご家庭がこの状況です。

 

男性生殖器1
さて、男性不妊とはどういった状態なのでしょうか?

 

乏精子症、無精子症、精子無力症、勃起障害(ED)といった病名が有名です。

精子が作れない・射精することができないといった器質的なものから精神的なものまで様々です。

これに加え、異常なし・原因不明とされるものまであります。

 

なかなかお子様を授からないとお悩みの方、まずは病院で検査されるのをお勧めします。

原因が判らないままお子様を望まれても時間の無駄になりかねません。

ましてや器質的な障害があればなおさらです。

 

芸能人のダイヤモンド☆ユカイさんが閉塞性無精子症(精子の通り道が閉塞)だったのは有名な話です。

自覚が全くなくても(射精ができていても)精子が全くいないという事はあるのです。

せめて一度は検査をされてみてはいかがでしょうか。

 

そして、病院で「お二人とも異常なし」または「原因不明」と言われたら、

東洋医学もお試しください。

力になれるかもしれません。

 

お子様を望まれているのは奥様だけではないはずです。

「俺は大丈夫」「病院に行くのが恥ずかしい」「行く時間が無い」「子供だけが全てか?」

そんなことを言ってる場合じゃないですよ。

 

目標が同じなら、こだわる場所を見直しましょう。

Older Posts »